読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kojiko-android’s blog

開発中にハマった時の解決策や、忘れがちなことを残しておきます。

Android実機でデバッグできるようにする

Android Studio 開発

Android実機でデバッグできるようにする方法です。
各メーカーの公式ドライバーをインストールする方法もありますが、
以下の方法を利用するとわずか数分で実機デバッグができるようになります。


端末のほうでは、開発者向けオプションが有効になっているものとします。

実機端末とPCを、データ転送可能なUSBケーブルで接続

PCのデバイスマネージャーをひらく

「ほかのデバイス」のところにある認識されていないアンドロイド実機を右クリックし、
プロパティを開きます。
詳細タブのプロパティからハードウェアIDを選択し

USB\VID_0E8D&PID_201D&REV_????&MI_01
USB\VID_0E8D&PID_201D&MI_01

これらの情報が表示されるウィンドウを開いておきます。


Android SDK をインストールしたディレクトリ内のextras/google/usb_driverにある、android_winusb.infをメモ帳などで開く

SDKのインストール先は、android studioのProject Structureで確認できます。
android_winusb.infが無いときは
AndroidStudioのSDKマネージャーからGoogleUsbDriverをダウンロードします。


[Google.NTx86]と[Google.NTamd64]のところの一番最後に、以下のように記述します

[Google.NTx86]

・・・略・・・

;MIYABI
%SingleAdbInterface% = USB_Install, USB\VID_0E8D&PID_201D&REV_????&MI_01
%CompositeAdbInterface% = USB_Install, USB\VID_0E8D&PID_201D&MI_01

[Google.NTamd64]

・・・略・・・

;MIYABI
%SingleAdbInterface% = USB_Install, USB\VID_0E8D&PID_201D&REV_????&MI_01
%CompositeAdbInterface% = USB_Install, USB\VID_0E8D&PID_201D&MI_01


端末の名前は、特に決まりはなさそうです。
行はコピー&ペーストして、カンマ(,)以降を、先ほどのハードウェアIDに置き換えます。

メモ帳を閉じて、変更を保存

再びデバイスマネージャーに戻り、先ほどの「不明なデバイス」を右クリックし、「ドライバーソフトウェアの更新」をクリック

「コンピューターを参照してドライバーソフトウェアを検索します」をクリック

android_winusb.infを含むフォルダーを入力し、「次へ」をクリック

途中、警告ダイアログが出ることがありますが、内容に問題がなさそうなら承諾して進めてください。


ドライバーの更新に成功すると、AndroidStudioでの実機デバッグが可能になります。