読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kojiko-android’s blog

開発中にハマった時の解決策や、忘れがちなことを残しておきます。

TabLayoutを使う Android Studio

TabLayoutの使い方

1.レイアウトに、TabLayoutを配置します

 タブレイアウトはタブの切り替え・現在のタブの表示の機能を持った独立したビューのようなので、
好きな所に配置できるようです(ViewPagerにくっつける必要はありません)。

2.ViewPagerとTabLayoutが連動するように関連付けるコードを記述します
ViewPager pager = (ViewPager) findViewById(R.id.viewPager);
//    独自に定義したアダプターです。
FragmentPagerAdapter adapter = new FragmentPagerAdapter(getSupportFragmentManager());
//    アダプターをページャーにセットします。
pager.setAdapter(adapter);
TabLayout tabLayout = (TabLayout)findViewById(R.id.tabLayout);
//    先ほどのページャーを、タブレイアウトに関連付けます。
tabLayout.setupWithViewPager(pager);

 タブレイアウトの参照を取得し、setupWithViewPager(PagerAdapter)メソッドを呼び出すだけです。
簡単なうえ、外観も洗練されています。
セットアップをしないと、タブレイアウトは単なる空白になります。


 ■タブのタイトルは、PagerAdapterクラスのgetPageTitle(int)の戻り値がセットされます。


 タブを(グーグルクロームのタブのように)スワイプで動かせるようにするか、
もしくは横幅に合せて均等に配置する、
テキストの色、テキストの下のバーの色を指定する、
アイコン(24dp)をセットする、
など、まだ試していませんが様々なことができるようです。


参考にさせていただいたサイトです。マテリアルデザインについてわかりやすく書かれています!
Design Support Libraryを使い倒してカジュアルにアプリ実装 - 株式会社エウレカ

関連記事
kojiko-android.hatenablog.com