kojiko-android’s blog

開発中にハマった時の解決策や、忘れがちなことを残しておきます。

Apple ID を忘れてしまった。サポートに電話しないで思い出す方法【iPhone】

iPhoneiCloudのバックアップから復元しようとしたが、AppleIDを忘れてしまった」
公式サイトで検索したがヒットしない、サポートに電話をかけるも、
「結論から申し上げて自力で思い起こして頂く他ありません」と言われてしまう。
あの親切丁寧なアップルのオペレーターさんでも、打つ手が無いという状況。
AppleIDは、公の情報のようでありながら、実はとてもパーソナルで重要な情報です。


このページを読まれている方は、IDを思い起こすために既に様々な方法を試されたのではないでしょうか?


ここでは、私が実際に、丸一日苦悩した末に、新規Apple ID作成の一歩手前で思い出した方法を紹介します。
(全ての方に結果が出るかはわかりません、あくまで自分の行った例です)

他のSNSサービスの登録情報から探す


公式サイトから、「Apple ID をお忘れですか?」は、試されましたか?
性と名を入力し、メールアドレスを入力します。
しかし、このメールアドレスがiCloudのアドレスだと、Apple IDと同じ物なので、
ここで詰みます。
それが分かれば苦労していませんね。

逆を言うと、iCloudのメールアドレスが分かれば、Apple IDが分かります。

iPhone純正の”メール”アプリがありますね。
届いたメールは、iCloudGmail、Yahooメールなど、アカウントごとに分類されています。
iCloudの受信箱を見たときのことを、よーく思い出して下さい。
だいたいは、Appleからのお知らせやiTunesのメールがほとんどだと思いますが、
Apple以外からのメールはありませんでしたか?

私の場合は、Twitterからのメールが来ていたのを覚えていました。
本文には「最後のステップです・・・」とあったので、
初めはiCloudのアドレスを狙った迷惑メールかなと思っていましたが、
SafariからTwitterにログインし、
「設定とプライバシー」、「アカウント」と進むと、
「メール」の項目のところに、バッチリとiCloudのメールアドレスが入っていました!

これこそ探していたApple IDです!


私の場合は、このTwitterからのメールが決め手でしたが、
他のSNSサービスからのメールが入っていたのを思い起こせたのなら、
当該SNSにログインすれば、登録情報からiCloudのメールアドレスを発見できるかもしれません。


これを機に私は、Apple IDの表示された画面のスクショを撮り(Googleドライブなど別のアカウントにも保存)、
紙に書いて物理的に保管することを決めました笑。


その他、最終手段

Appleのサポートに電話をし、サポートの「スペシャリスト」に繋いでもらいます。
Apple IDアカウント作成の際に、使用したと思われる語句を思い出せる限り伝えて、
あらゆる組み合わせの可能性も伝えます。
検索してもらう際に、誤字を含んだIDの候補も教えてくれることもあるので、
(おそらく、スペシャリストさんには、Appleに登録されているIDのリストが見えている)
それらの候補を片っ端から打ち込んで試してみるという方法です。

ただしこの方法は、オペレーターの方に大変な負荷がかかってしまううえ、
こちらから提示した語句が正しいとは限りません。

私の思い出せる限り、
「名前 + 苗字のイニシャル + 生年月日 @icloud.com」
と登録したと思っていたのが、
実際に登録していたものは、
「あだ名 + 誕生日 @icloud.com」
でした。

人間の記憶はあいまいです。
もし私がオペレーターに上記の方法をお願いしていたら、
何時間かけようが解決しなかったでしょう。
たいへんなご迷惑をかけてしまうところでした。


普段、親身になって相談に乗ってくださるAppleのサポートチームの方々には、迷惑はかけたくないものです。



以上、私が試して解決できた方法です。
同じような悩みを抱えている方の問題解決を祈っております!